Now Playing Tracks

ファイナンシャルプランナーが、「お金がたまっている家」の、費目の理想割合をご紹介しました。この黄金比率が一つの目安となることで、費用の使い過ぎなどを把握することができ、計画的に節約できるというわけです。

・住居費:25パーセント
・食費:15パーセント
・水道光熱費:6パーセント
・通信費:5パーセント
・小遣い:8パーセント
・預貯金:18パーセント
・生命保険料:4パーセント
・日用品:2パーセント
・医療費:1パーセント
・教育費:4パーセント
・交通費:2パーセント
・被服費:2パーセント
・交際費:2パーセント
・娯楽費:2パーセント
・し好品:1パーセント
・その他:3パーセント
お小遣いが自然と増える!?家計の「黄金比率」とは? - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア (via igi)
To Tumblr, Love Pixel Union